356/basic – P10

真のオリジナル

356/basic – ST

air titanium – デンマークデザインの象徴

air titanium(エアチタニウム)は、80年代半ばにデザインされた、LINDBERG初の革新的な
製品ラインでした。当時、メガネは重くてかけ心地が悪く、フリーサイズのみで、
ネジや溶接された部品が多用されていました。
air titaniumはこの状況を変え、
独自のモジュール式構築システムを導入し、他に先駆けてチタンを使用しました。

356/basic – P10

356/basic – 10

このコレクションは、LINDBERGが建築会社Dissing+Weitlingと共同で制作したもので、以来数々の権威あるデザイン賞を受賞しています。
air titaniumは世界初のチタン製ツーポイントです。
このデザインは、アイウェア業界に革命をもたらしました。
air titaniumコレクションは、まさにデザインの遺産であり、
LINDBERG DNAの強力な基礎となっています。

チタンを使いこなす

air titaniumコレクションのために、LINDBERGデザイナーと技術者たちは、この革新的な新しいデザインを実現するべく、いかにチタン素材を使いこなすかということに集中的に取り組みました。
今日、チタンの加工はLINDBERGが最も得意とする技術の一つとなっており、すべてのLINDBERGコレクションに見事に溶け込んでいます。チタンはミニマルなツーポイントに軽さ、耐久性、柔軟性を与え、同時に低アレルギー性でもあります。
わずか2.7グラムair titaniumツーポイントは、
世界で最も軽量なアイウェアデザインの一つです。

アイコニックなヒンジ LINDBERGのレガシー

チタンを完璧に使いこなすことを学んだ後は、画期的でアイコニックな特許取得済みスパイラルヒンジが発明されました。
ネジ、リベット、溶接部品を使わずに設計されたこのヒンジは、
それ自体が革命的なものでした。
LINDBERGのシグネチャであるスパイラルヒンジで、air titaniumメガネを常に見分けることができます。最高に美しい技術です。

カスタマイズ – LINDBERG構築システム

装用者の顔に完璧にフィットするツーポイントを市場に投入するという野心のもと、LINDBERGの構築システムが導入されました。この構築システムにより、
初めて100%オーダーメイドで自分だけのツーポイントを作ることが可能になりました。

ほかの情報について: